【配属ガチャ】実際誰にメリットがあるのかね?

ぽこぺんです。


転職だとそんなことないんですが、多くの日本企業は新卒社員をどの部署に配属するかは会社側の一存で決定します。
新卒社員はそれを黙って受け入れて拝命するというのが一般的です。

入社前の面接では学生時代にしてきた勉強や入社したらどんな仕事をやりたいのか聞くくせに、会社によっては希望する部署を聞くところもあるようですが、ほとんどの場合、そうしたことは意味がありません。
なぜなら、会社は社員の希望ではなく、会社が必要とする部署や仕事をやらせるだけですから。

希望しない部署や得意ではない仕事を若者にやらせて、新入社員が早々に退職してしまうというのは毎年のあるあるで、それを受けて新入社員がすぐやめてしまうと悩む人事部という光景はもはや恒例行事の様です。

そもそも日本の企業は学生の経歴をみることなく、ほとんどの場合はポテンシャル採用による総合職として新入社員を受け入れます。
だから、文学部卒業の学生でも普通に銀行に採用されたり、商学部卒業の学生が旅行会社に就職するということが普通に起こります。
学生にとっては、それまでの経歴や勉強してきたことに関係なく、希望する企業に入社できるチャンスがあります。
企業にとっては、玉石混交の新入社員を好きなように配属できるというメリットがあります。

しかし、これまでのメンバーシップ型と言われる日本式の雇用形態は徐々に失われており、欧米型のジョブ型雇用が主流になりつつあります。
つまり、どんな能力があり、どんな仕事をすることが出来るのかを考慮した上で企業に採用されるのです。

現代の企業は、終身雇用と年功序列が崩壊している上、ビジネスにおいては選択と集中が求められ、かつての多角経営のような非効率な企業はなくなりつつあります。
つまり、入社してから何でもやりますという人材は企業にとっても必要がなくなりつつあります。
仮にそのような人材になってしまうと、一芸がないのに何でもやる人材ならば、早晩、より安い人員に換えることで企業のコスト削減の対象になってしまうでしょう。

実際に転職サイトを見てみると、うちの会社で働きませんか?という漠然とした求人はありません。
どのような仕事をするのか、どの程度の報酬なのかが明示されたうえで求人に応募することになります。
これから就職活動をする学生さんには是非とも転職サイトをのぞいてから就職活動に臨んでもらいたいと思います。

さて本題に戻ります。
一部を除いて、多くの日本企業がジョブ型の新卒採用をしないのはなぜか?というと、先に述べたように会社の一存で様々な部署に配属できる総合職は使い勝手がいいというメリットが挙げられます。
しかし、非論理的な理由として、変えるのが面倒で手間がかかるというのも事実です。

なぜなら、日本企業の人事は所詮、定期的な異動によってその席に座った人というだけで、採用のプロでもなんでもありません。
また、経営陣は事業計画を立てても新卒社員が成長するのを待っていられないので、結局は転職市場で即戦力を採用してくることになります。
また、様々な部署で色々な経験(という名の苦労)をすることが若手には重要と考えているため、自ら希望する仕事を強く言ってくる社員は生意気だと見做されてしまうこともあります。

実際にやりたい仕事に就きたいのであれば、新卒で入社した会社で2~3年我慢して働いた後、転職することが合理的だと思います。
その際は自分のやりたい仕事を明確にして仕事に就ける可能性が高まるでしょう。

いまはかつての様に会社に言われるがままに仕事をしてもキャリアを形成することはできなくなっています。
どんな会社に入ったかではなく、どんな能力があるのかが重要になっており、一縷うと言われる企業に入っても倒産やリストラが起こり得るので、従順な社員であるということだけでは長く働いていくのは難しいでしょう。

そして、働けなくなった可能性も考慮して、労働以外の収入の確保に励みましょう。

小さな一歩でこつこつと。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

投稿者: ぽこぺん

30代既婚で子供は1人で夫婦共働き。 「金持ち父さん貧乏父さん」に影響されて、副業と投資による資産形成を決意! アーリーリタイアを目指して副業と投資で資産を作ります‼ 月に数万円しか投資に回せない一般的な会社員が、本当に副業と投資で資産を作り、アリーリタイアできるのか? 日々資産形成について勉強しながらの、リアルな副業・投資をお伝えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です