【復職】来月から職場に復職します

ぽこぺんです。


しばらく体調不良で休職していました。
何が理由なのかはよくわかりませんが、適応障害という診断をもらったことで休職していました。
コロナで長らく生活が抑制されている中で転職なんかしたからでしょうかね?

とにもかくにも復職します。
不安は多々ありますが、仕事をしないと食べていけません。
夫婦共働きですが、今のご時世、どちらかだけが働いてもう一人は専業主婦(主夫)という生活は相当贅沢ですし、高収入でないとできない生活です。

休職中も保有する米国株からの配当金は着々と入金されていました。
非常に心強い存在ですが、額が全然足りません。
まぁ配当金で生活できる程度の額が得られるのであればFIRE達成しているので、足りないのは当たり前ですが。

今回休職してしまったのは全くの想定外の出来事でしたが、FIREへの思いや不労所得への思いをより一層強固にしたことは間違いありません。
投資には入金力が大切と言いながらも、サラリーマンの場合は働けてこその「給料=入金」ですから、体が大切、体が資本ということを痛感しました。

なので、7月は証券口座に入金できていません。
7月はまだ終わっていませんが、いつも通りの入金が出来れば資産が800万円を超えるのではないかと思っていたのですが、今月末はお預けとなりそうです。
休職中は傷病手当をもらうのですが、申請はしたものの、まだ入金されていないので、入金されたらそこから証券口座への入金をしたいと思います

そんな給料に依存して生活しているサラリーマンのぽこぺんですが、最近読んだ不動産投資の本で著者のふんどし王子こと山屋悟さんは生殺与奪の権利を他人に握らせてはならないと言っていたことが強く記憶に残っています。

これはつまり、会社に依存して給料を得ることで生きていくことは、リストラや会社の倒産などで自分の生活が突然破綻するということを意味しており、自分自身の力で生きていく=他人に依存しないで生きていける手立てを得ようということです。
ふんどし王子の場合はその手段が不動産投資だったということですね。

来月から復職したら、まずは体を第一に出来る範囲で仕事に取組みたいと思います。
もちろん給料分は働くけれども、FI(Financial Independence)をつかむための活動をより加速させていきたいと思います!

目下、首都圏を中心に新型コロナの感染が拡大していますが、みなさんもお体に気を付け、健康第一で経済的自立に向けて進んでいきましょう。

小さな一歩でこつこつと。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

投稿者: ぽこぺん

30代既婚で子供は1人で夫婦共働き。 「金持ち父さん貧乏父さん」に影響されて、副業と投資による資産形成を決意! アーリーリタイアを目指して副業と投資で資産を作ります‼ 月に数万円しか投資に回せない一般的な会社員が、本当に副業と投資で資産を作り、アリーリタイアできるのか? 日々資産形成について勉強しながらの、リアルな副業・投資をお伝えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です