【地方移住】収入と家賃

ぽこぺんです。


2020年はコロナ禍の感染拡大、緊急事態宣言の発令、テレワークの拡大と一般のサラリーマンの仕事の仕方が大きく変わるきっかけを与えてくれた1年でした(実際にはテレワークが進んでいないという声が多いですが…)。

そんな中で、テレワークの推進によって都心に住む必要がなくなった人、コロナ感染回避のため、そもそも会社がオフィスをなくした(全社員完全テレワーク)などの理由から、地方へと移住を指向する人も増えてきているようです。

ぽこぺんは仕事の関係で現在の居住地から遠く離れて生活することはできませんが、仕事がそれを許し、生活コストが下がるのであれば地方に住んでみるのもアリかなとは思っています。
また、アーリーリタイアを目指す人は都心を離れて地方でのんびりとしたリタイア生活を送るという考えが以前からあります。これは、そもそも仕事によって居住場所を縛られないからというほかに、住居費などのコスト低減というメリットもあるからだと思います。

では、あくまで労働者として、永住しない前提で移住するとして、本当に住居費は低減するのでしょうか?
また、現在の仕事でテレワークが出来ればいいですが、移住先で新たな仕事をする場合、それでも住居費は低減するのでしょうか?

ということで、厚生労働省の調査データをのぞいてみました!

まずは住居費です(平成30年 2018年)。

右から2列目が1カ月あたりの家賃になります。

続いて賃金です。(令和元年 2019年)

住居費と賃金で時点が異なっていますが、大体の傾向を知るためということでお許しくださいm(__)m。

では本題ですが、住居費と賃金の関係ですが、上の二つのグラフを簡単にまとめてみました。

家賃(月)家賃(年)賃金家賃(年)/賃金
全国平均55,695668,3403,077,00021.72%
北海道41,715500,5802,808,00017.83%
青森県38,264459,1682,390,00019.21%
岩手県39,990479,8802,457,00019.53%
宮城県48,894586,7282,873,00020.42%
秋田県39,404472,8482,439,00019.39%
山形県42,234506,8082,453,00020.66%
福島県41,386496,6322,611,00019.02%
茨城県45,231542,7722,987,00018.17%
栃木県44,953539,4362,926,00018.44%
群馬県42,601511,2122,874,00017.79%
埼玉県59,368712,4163,017,00023.61%
千葉県57,421689,0523,031,00022.73%
東京都81,001972,0123,790,00025.65%
神奈川県68,100817,2003,411,00023.96%
新潟県45,038540,4563,411,00015.84%
富山県42,992515,9043,411,00015.12%
石川県44,888538,6563,411,00015.79%
福井県42,374508,4883,411,00014.91%
山梨県42,592511,1042,823,00018.10%
長野県43,252519,0242,835,00018.31%
岐阜県44,046528,5522,828,00018.69%
静岡県50,038600,4562,871,00020.91%
愛知県52,492629,9043,185,00019.78%
三重県43,656523,8722,963,00017.68%
滋賀県47,947575,3642,988,00019.26%
京都府54,605655,2603,010,00021.77%
大阪府55,636667,6323,322,00020.10%
兵庫県55,337664,0443,053,00021.75%
奈良県48,492581,9043,044,00019.12%
和歌山県40,984491,8082,785,00017.66%
鳥取県40,275483,3002,516,00019.21%
島根県39,797477,5642,586,00018.47%
岡山県45,489545,8682,806,00019.45%
広島県48,361580,3323,011,00019.27%
山口県39,559474,7082,790,00017.01%
徳島県41,719500,6282,754,00018.18%
香川県44,020528,2402,726,00019.38%
愛媛県40,819489,8282,598,00018.85%
高知県40,255483,0602,660,00018.16%
福岡県39,559474,7082,905,00016.34%
佐賀県42,777513,3242,494,00020.58%
長崎県40,781489,3722,496,00019.61%
熊本県40,361484,3322,588,00018.71%
大分県41,447497,3642,603,00019.11%
宮崎県38,353460,2362,430,00018.94%
鹿児島県37,863454,3562,573,00017.66%
沖縄県45,560546,7202,513,00021.76%

やはり東京は収入に占める家賃の割合が一番高いです。
逆に一番低いのは福井県です。総じて北陸は割合が低いですね。
大都市は概ね20%超え、またはそれに近い水準です。

一方で移住希望者が多そうな沖縄は、観光地という面もあるから21%を超えています。
意外なところでは、山形県や佐賀県が20%を超えているところでしょうか。
これは隣県に仙台や博多といった大都市があるため、ベットタウンとして既に家賃が一定の水準にあるということでしょうか。

実際の生活コストは、水道光熱費や住居としての利便性(スーパー、病院、学校、公共交通など)のほか、住環境(騒音、日当たり、築年数など)があるほか、仕事も移住先で見つけるとなると、そもそも仕事が見つかるのか?という問題もあります。

なので、住居費だけで生活コストを測るのは無理がありますが、現実的には、自分の居住地の近隣都道府県程度であれば、移住(というよりただの引っ越しレベルでしょうが)の一つの参考として見てみる価値はあるかと思います。

在宅時間が長くなるほど住環境が重要になってきますが、コロナで不安定な雇用環境が続くこと、長期的な住居費の削減を見据えて、少なくとも現住居の近隣エリアの住居費は定期的に確認してみてもいいかもしれません。
もちろん収入増加も可能な限りめざしましょう。

小さな一歩でこつこつと。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

投稿者: ぽこぺん

30代既婚で子供は1人で夫婦共働き。 「金持ち父さん貧乏父さん」に影響されて、副業と投資による資産形成を決意! アーリーリタイアを目指して副業と投資で資産を作ります‼ 月に数万円しか投資に回せない一般的な会社員が、本当に副業と投資で資産を作り、アリーリタイアできるのか? 日々資産形成について勉強しながらの、リアルな副業・投資をお伝えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です